お母さんは自分を満たそう

  • 育児ストレスを感じること
  • 子どもに余裕をもって接することができないこと
  • いつもニコニコしていられないこと
  • 「なんで私ばっかり。」という気持ちになること
  • 子どもをかわいいと思えない時があること
  • 八つ当たりのような怒り方を子供にしてしまうこと


これらは、お母さんの性格に問題があるから起こる訳でも、お母さんの頑張りが足りないから起こる訳でもありません。

自分のことを後回しにし過ぎて、自分が満たされていないから起こるのです。
自分がからっぽになるまで頑張りすぎているんです。

真面目で頑張り屋のお母さんは何か問題が起こった時、頑張ることでそれを解決しようとしますが、育児ストレス解消を頑張ってはいけません。

育児ストレスを解消しようと頑張って、イライラ・モヤモヤが悪化している人もいるんじゃないでしょうか?

育児ストレスを根本から解消するには、 “自分後回しグセ” でからっぽになってしまっている自分を満たす必要があります。

 

セルフセンタリングで自分を満たす

セルフセンタリングは、自分自身と繋がっていくための考え方です。

自分を後回しにし続けてきた人は、自分が何をしたいのか?どうしたいのか?が分からなくなっています。

自分の気持ちを押さえつけることに慣れ過ぎてしまっているのです。

自分で自分のやりたいことが分からない状態では、「自分のやりたいこともして、自分を満たそう!」と思っても、それがうまくできません。

自分を後回しにしてきた人が自分を満たすためには、まずは、自分の中心にあるものを、 “こうあるべき” ( 他人 が見てどう思うか?) から “こうしたい” ( 自分 がどう感じるか?) に入れ替える必要があります。

自分の中心に “こうしたい” (自分がどう感じるか?) を据えることがセルフセンタリングです。

 

セルフセンタリングはこういうものではありません

セルフセンタリングが目指していないこと

セルフセンタリング(自分を中心にする)と聞くと、「こうなってしまうのでは…」と不安になる人もいるかもしれません。

  • いつも自分優先で子供のことを後回しにする
  • 自分がしたい事のためなら人に迷惑をかけても平気
  • 何かしてもらっても「ありがとう」も言わない

 

実は、これらの特徴も自分が満たされていないからこそ出てくるものです。

「お母さんが自分のことを楽しむことはよくないことだ。」という間違った思い込みがあると、自分を後回しにするか、うしろめたさを感じながら自分のことをするかのどちらかです。
そして、自分がしていることにうしろめたさを感じている人は、人のことを思いやったり、尊重するだけの余裕を持てません。

「お母さんが自分のこと 楽しむのは当たり前のことだ。」と思って自分を満たすことができている人は、上に書かれたようなことには絶対になりません。

セルフセンタリングが目指すのは、自分も、自分以外の人も、どちらも尊重する姿勢です。

 

セルフセンタリングはこういう要望にはお応えできません

「どうすればいいか決めて欲しい。」
具体的な悩みを聞いて、気持ちに寄り添ったり、「どう決断していくか?」というアドバイスをすることはできますが、どういう選択をすべきかを私が決めることはできません。
セルフセンタリングを学んでいく事で、自信をもって決断できるようになっていきます。

 

「イライラをゼロにしたい。」
しんどい時や辛い時に、余裕をなくしてイライラしてしまうのは、当たり前のことです。
イライラする = ストレスを感じる ではありません。
セルフセンタリングは、イライラするような状況でもうまく対処できるようになることを目指します。

 

「子供が自分の言う事を聞くようにしたい。」
セルフセンタリングとは、人も自分も大切に扱うための手法です。
親が子供に一方的に言う事を聞かせる、という親子関係はセルフセンタリングの目指すものではありません。
セルフセンタリングができるようになることで、親子関係の改善を期待することはできます。

 

「正しい子育て方法を知りたい。」
セルフセンタリングでは、正しい子育て方法というものはなく、よりよい親子の関係がある、と考えます。
「この子に何をしてあげたいのか?」はお母さん自身にしか分かりませんし、「何がその子のためになるのか?」はお母さん自身が考えて決めていくことです。

 

 

“いいお母さん”から”満たされたお母さん”へ

私は、お母さんが「子どものためにいいお母さんにならなきゃ…」と思う気持ちは、とても素晴らしいものだと思います。

でも、”いいお母さん”には、はっきりとした定義も「これをここまでやればいいお母さん達成!」というラインもないので、どれだけ頑張っても「いいお母さんになれた!」という感覚は生まれません。
(詳しくは「育児ストレスの原因」

「子どものために」と頑張っていることが、育児ストレスや自己嫌悪の原因になってしまう。
こんなに辛いことはありません。

“いいお母さん”になれなくて自分を責めているお母さんは、”いいお母さん”ではなく、 “満たされたお母さん” を目指しませんか?

  • 毎日子どもと笑って過ごしている
  • 自分の気持ちに振り回されない
  • 息抜きが必要ないくらい毎日ワクワク楽しい気持ちでいっぱい
  • 悩みがあってもすぐに自分で解決できる
  • 感情を交えずに子供に注意できる
  • ストレスになる前に自分の感情をケアできる
  • 子どもと過ごすなんでもない時間に幸せを感じている
  • 自分にとって居心地のいい人間関係が築ける

 

セルフセンタリングで“いいお母さん”になることはできませんが、“満たされたお母さん”になることはできます。

「いいお母さんにならなきゃ…」と頑張って苦しくなってしまっているお母さんは、是非セルフセンタリングの考え方を取り入れてみてください。

 

セルフセンタリングを学ぶ方法

セルフセンタリングは私、鈴木萌子が提唱している概念です。
現状では私から学ぶことしかできませんが、色々な方法を用意しています。

 

ブログ

当サイトのブログでセルフセンタリングについての記事を書いていきます。

「ここから先は有料です。」といったことはせずに、セルフセンタリングに関することはすべて書いていきますので、ブログだけでもセルフセンタリングのすべてが学べます。

質問やリクエストも随時受け付けていますので、メールフォームからお気軽にどうぞ!

「育児ストレスを感じてはいるけど、追い追い解決していければいい。」という方にピッタリです。

 

個人レッスン

自分だけで学んでいると、どうしても自分が欲しい答えばかりを選んでしまって、自分にとって本当に必要な部分は避けてしまいがちです。
そうすると、結果がなかなか出なかったり、出たとしても時間がかかったりしてしまいます。

一対一の個人レッスンは、悩みをお聞きしながら、その悩みに合った考えをお伝えしていくので、効率的です。

「育児ストレスに困っているので、早めになんとかしたい。」という方におススメです。

 

セミナー

大枠を体系立てて説明するセミナーは「自分の育児ストレスについてくわしく理解したい。」という方におススメです。

 

2人から申し込めるプチセミナーもあります。(※ 開催は愛媛県新居浜市に限ります)

プチセミナーは少人数なので、事前に好きなテーマを選ぶことができます。

「質問をしたりしながら、友達といっしょに気楽に学びたい。」という方におススメです。

 

また、通常のセミナーも随時開催予定です。

セミナーを開催する際には、当サイトブログで告知します。

 

メルマガ

現在は発行していませんが、将来的には、ステップバイステップでセルフセンタリングのことを学べるメルマガ講座の発行を考えています。

 

LINE@

現在は開設していませんが、質問等が気軽にできるLINE@の解説も考えています。

 

詳しいサービス内容 →