商品モニターを募集します


生きづらさを感じている人の「生きづらさ脱出」を応援する活動をしている鈴木萌子と申します。

現在、私は生きづらさに悩む人に向けた有料商品の企画をしていますが、その商品のモニターをして頂ける方を募集します。

商品の内容は、生きづらい人の思考のクセを変えて、自己肯定感を上げるために必要な情報をまとめたコンテンツ(動画、PDF、音声)になります。

モニター募集の理由


情報が無料で手に入るインターネット全盛の時代に、情報を商品にするということに疑問を感じる方もいるかもしれません。

確かに、インターネットには大量の情報が無料で公開されています。
当然玉石混交ではありますが、インターネット上に“玉”の情報が相当な割合で存在しているのは事実です。

 

ですが、今まさに問題の渦中にいる人は玉と石を見分けることができません。
玉と石を見分けることができない人にとって、情報が大量にあることはむしろデメリットとさえ言えます。

人間は選択肢が多くなればなるほど「これだ!」と決断できなくなっていく生き物です。
インターネット上にどんなに有用な情報があったとしても、それを採用して実践しなければ、情報は生きづらさを脱出するきっかけにはなり得ません。

 

つまり、情報が無料で大量に手に入るインターネット全盛の時代に必要な物は

情報の取捨選択=編集

です。

 

生きづらい思考のクセを変えていくための情報をワンパッケージで提供することは、生きづらさを抱えた人が情報に翻弄される時間を減らし、効率的に生きづらさを脱出していく助けになると私は考えています。

 

私は、せっかく商品を作るのであれば、今困っている人が本気で「役に立つ」と感じるものを作りたいと思っています。

むしろ、そういうものでなければ作る価値がない。

それは、過去に自分自身が生きづらさを抱えていた私がこの活動をする上で絶対に外せないポイントです。

 

ところが、生きづらさを脱出して、生きやすいのが当たり前になってくると、

● 過去の生きづらかった自分がどういうことで悩んでいたのか?
● どういう情報を欲しがっていたのか?
● 生きやすい思考のどういう部分を理解するのが難しかったのか?

ということが分からなくなっていくのです。

 

もちろん、自分が思うベストなものを作る自信はありますが、私にとってベストな商品を作っても何の意味もありません。

今、生きづらさで困っている人にとってベストな商品を作りたいのです。

これが、商品のモニターを募集する理由です。

モニターについて


モニターの参加条件は以下です。

● 今現在生きづらさを感じている
● 生きづらさを抜け出していきたいという意志がある
● 商品についての説明を読んで「えっそれ欲しい」と思った


モニターにお願いすることは以下です。

● あなたの悩みを聞かせてください
● 商品案への意見を聞かせてください
● 商品コンテンツを視聴してください
● 商品コンテンツへのフィードバックをください
●モニター参加後アンケートに答えてください


モニターというよりは、どちらかと言うと、私と一緒に商品のコンテンツを作っていくメンバーになって頂くという感じでしょうか。

もちろん料金は一切発生しませんし、匿名で参加して頂くことが可能です。

また、他の参加者の方に知られたくない悩みは私と1対1で会話できるダイレクトメッセージ機能をつかって頂けます。

モニターのメリット


モニターをして頂ける方のメリットとしては、3万円で販売する商品のコンテンツ全てを無料で視聴して頂けることがあげられます。

コンテンツはモニターの方のフィードバックをもとに追加・ブラッシュアップされていくので、モニターの方に最適化された情報を受けとって頂けます。

生きづらさを乗り越えようとしている人同士で交流できることも、生きづらさ脱出のモチベーションアップにつながるはずです。

また、ご自身の悩みやフィードバックを提供することが、同じような悩みを持つ人の助けになるので、やりがいや達成感も感じて頂けるはずです。

モニターのデメリット


デメリットとしては、slackというチャットツールのアプリをダウンロードして頂かなければならないということがあげられます。

難しいものではないのですが、初めての方は使い方に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

このページの1番最後で、モニター企画の参加手順を説明していますので、slackを使いこなせるかどうかの判断の参考にして頂けたらと思います。


デメリットはそのくらいでしょうか。

この企画にメリットを感じてもらえる人にとっては、デメリットはほとんどないに等しいのではないかと思います。

最後に


私にとって、モニター企画のメリットは

「よりよい商品を作ることができる」

というのもありますが、

「無料企画に参加してもらった人にお礼ができる」

ということもあります。

自分自身、手探りで活動している中、私の初の企画である【生きづらさ脱出計画】に参加してもらった人には大いに勇気をもらいました。

ですので、無料企画に参加してもらった人に今度の有料商品をお礼として受け取って欲しいなぁという思いもあって、モニター募集を決めました。

もちろん、それは企画意図の1つですので、無料企画に参加してない人の参加も大歓迎です!

 

お互いに色々な形のメリットがある企画だと思いますので、ピンときた人は是非参加して頂ければと思います

 

あなたの力を私に貸してください。


鈴木 萌子 

参加方法

下のリンクボタンをクリックして、メールアドレスを入力してください。
入力したメールアドレスあてにモニター専用スペースへの招待メールが送られてきます。

メール本文のボタンをクリックすると、登録画面が表示されます。

※ 初めに氏名の登録がありますが、匿名希望の方は本名を登録しないようにしてください。


管理人である私にコミュニティ運営の経験がないので、管理できる上限人数に達したと感じたら募集を締め切ります。

予めご了承ください。

参加手順

1. アプリをダウンロードする


slackはアプリが使いやすくてオススメです。
以下のリンクからアプリをダウンロードしてください。


Google Play で手に入れよう

2.プロフィールを設定する


本名で登録した人はスペース内での表示名(ニックネーム)を設定することができます。

匿名希望なのに間違って本名で登録してしまった場合も修正できますのでご安心を。

任意ですが、プロフィール写真を設定しておくと、「〇〇さんだな」と分かりやすいです。
顔写真である必要はありません。
SNSと同じ感覚でどうぞ。

プロフィールを編集する – Slack

プロフィール写真のアップロード – Slack​

3. あいさつしてみる


slackでは、話題ごとにチャンネルという部屋が用意されています。

・general
・あいさつ-slack練習
・お悩みや疑問
・フィードバック
・質問への回答

というチャンネルがありますので、まずは「あいさつ-slack練習」というチャンネルにメッセージを投稿してみてください。

投稿したメッセージは削除・修正できるので気軽な気持ちで投稿できます。

メッセージを送る・読む – Slack

メッセージを投稿すると私から返信があるので、それでslackの流れがつかめると思います。


※画面はiPhoneアプリです。

4. 悩みを書き込んでみる


slackの使い方がなんとなく分かったら、「お悩みや疑問」チャンネルに悩みを投稿してください。

Twitterと違って、投稿したメッセージは後から編集することができます。

メッセージを編集または削除する – Slack

また、他の人の投稿に絵文字でリアクションする機能もあるので、Twitterの♡のような感覚で使ってみてください。

絵文字でリアクションする – Slack

■ わからない時は ■


Slackの使い方でわからないことがある時は、slackのヘルプセンターを見てみましょう。

Slackヘルプセンター

モニター専用スペースについては「general」チャンネルで質問してください。

■ 注意事項 ■


他の参加者の方に対する暴言、嫌がらせをした方や、場が荒れる発言を繰り返す方などには、予告なしに退場処分をさせてもらうことがあります。

プライバシーポリシー 
Copyright©WEll MOTHER All Rights Reserved.