鈴木 萌子

センタリスト。
WEll MOTHER 代表。
1984年愛媛県生まれ。愛媛県新居浜市在住。

育児ストレス解消の専門家として、育児ストレスに悩む方を対象に育児ストレスを生み出す心のしくみを改善する方法を教えている。

10代後半に家族との問題にぶつかり、独学で心理について学び始める。
自分の様々な問題を解決していく中で「人が抱える悩みや問題は、自分自身と繋がることで解消される」ということに気付き、体系化する。
そうしてできた「セルフセンタリング」という概念が、子育てに悩む母親にこそ必要と考え、2018年 WEll MOTHER を立ち上げる。

「全ての人はベストを尽くしている」がモットー。

詳しいプロフィール

 

鈴木萌子の理念

私は10代の終わりから10数年間、親との関係に悩んでいました。
親に対する「あの時あんなことをして欲しくなかった。」「あの時こうして欲しかった。」という思いばかりが頭の中をしめる苦しい時間でした。

そして、自分の子どもが生まれてから知った、幼児虐待のニュースを聞く時の絶望感。
亡くなった子どもの気持ちを考えると、辛くて悲しくて、何もできない自分が悔しくてたまりませんでした。

いわゆる“毒親”問題も、幼児虐待も、「母親になれば、自分のことをすべてあきらめなければならない」「母親に愛さえあれば子育てはすべてうまくいくはず」という母親観が母親を追いつめた結果起きている側面があると私は思っています。
母親に子どもへの愛がないことが問題なのではなく、子どもへの愛をまっすぐ伝える余裕を持てない状況に母親がいることが問題なのです。

子としても親としても悩んできた私は、社会から少しでも親と子の不幸な関係をなくしていきたい。
そのために、自己犠牲を美徳とする社会の母親観を変えていきたい。
「母親に愛さえあれば子育てはすべてうまくいくはず」という母性愛万能神話をなくしたい。

そしてそれは、育児ストレスのない幸せな親子を増やすことで実現することができると私は信じています。